丸山 圭三郎   (1933-1993)

丸山 圭三郎(まるやま けいざぶろう、1933年4月25日 - 1993年9月16日)は、日本のフランス語学者、哲学者。 [人物] 東京大学仏文科卒、同大学院修了。 国際基督教大学助教授を経て中央大学教授。 元はフランス語教師で、数多くのフランス語教科書を刊行していたが、そのうちソシュールの言語学に関心を抱き、研究を始めた。 日本におけるソシュール言語学研究の第一人者にして、丸山言語哲学とも呼ばれる独自の思想を打ち出した。 1993年、中央大学教授として在職中、癌のため逝去。 主著は『ソシュールの思想』『文化のフェティシズム』『生命と過剰』。 大のカラオケ好きで、晩年にはカラオケを通じた文化...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マルヤマ ケイザブロウ
人物別名 丸山圭三郎
生年 1933年
没年 1993年
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
丸山圭三郎著作集 丸山圭三郎 著 ; 加賀野井秀一, 前田英樹 編集 岩波書店
2014.2
丸山圭三郎著作集 丸山圭三郎 著 ; 加賀野井秀一, 前田英樹 編集 岩波書店
2014.1
丸山圭三郎著作集 丸山圭三郎 著 ; 加賀野井秀一, 前田英樹 編集 岩波書店
2014.3
丸山圭三郎著作集 丸山圭三郎 著 ; 加賀野井秀一, 前田英樹 編集 岩波書店
2014.5
人はなぜ歌うのか 丸山圭三郎 著 岩波書店
2014.9
丸山圭三郎著作集 丸山圭三郎 著 ; 加賀野井秀一, 前田英樹 編集 岩波書店
2013.12
欲望のウロボロス 丸山圭三郎 著 勁草書房
2013.6
ソシュールを読む 丸山圭三郎 著 講談社
2012.7
言葉とは何か 丸山圭三郎 著 筑摩書房
2008.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想