牧瀬 恒二   (1909-)

牧瀬恒二(まきせ つねじ、1909年 - )は、沖縄問題評論家。 東京大学経済学部中退。 沖縄事情研究会『沖縄事情』主幹であった。 [著書] 革命と歴史 1958. 三一新書 新聞の論理 ジャーナリズムの二つの顔 1960. 三一新書 27度線の沖縄 新日本出版社、1963. 沖縄返還運動 その歴史と課題 労働旬報社、1967. 沖縄と米日独占資本 沖縄経済を中心として 汐文社、1968. 解放新書 沖縄三大選挙 1970年問題と沖縄 労働旬報社、1969. 日本史の再発見としての沖縄の歴史. 全5冊 汐文社、1970-71. 解放新書 沖縄の歴史を歩く 汐文社、1973....

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキセ ツネジ
人物別名 牧瀬恒二
生年 1909年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
沖縄事情 牧瀬恒二 編著 這松舎
1997.11
沖縄事情 牧瀬恒二 編著 這松舎
1994.1
沖縄事情 牧瀬恒二 編著 這松舎
1993.1
沖縄事情 牧瀬恒二 編著 這松舎
1993.4
日本文化を考える : 北と南からの視点 宮良高弘 編 第一書房
1993.6
沖縄事情 牧瀬恒二 編著 這松舎
1992.10
命こそ宝 : 沖縄反戦の心 阿波根昌鴻 著 岩波書店
1992.10
沖縄事情 牧瀬恒二編著 這松舎
1992-
日本史の原点・沖縄史 牧瀬恒二著 本邦書籍
1989.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想