牧野 吉晴   (1904-1957)

牧野 吉晴(まきの よしはる、1904年9月25日 - 1957年12月21日)は、美術評論家、小説家。 愛知県名古屋市生まれ。 本名・勝彦。 父は軍人。 東海中学校(現・東海中学校・高等学校)卒、東京植民貿易語学校、川端画学校に学ぶ。 金子光晴、赤松月船に師事して詩作、ついで小茂田清樹に師事して日本画を描く。 1930年「猿猴図」が聖徳太子奉賛展で入選。 中西悟堂の推薦で美術雑誌『東陽』を編集、美術評論を書く。 1939年、尾崎士郎、富沢有為男と『文藝日本』を創刊、伴鯤太郎の名で小説を書く。 戦後は少年少女小説、空手小説など、熱血感動小説で人気があった。 [著書] 『軍馬』日本文林社 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキノ ヨシハル
人物別名 牧野吉晴

牧野, 勝彦
生年 1904年
没年 1957年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
私は幽霊を見た : 現代怪談実話傑作選 東雅夫 編 メディアファクトリー
2012.8
空手風雲録 牧野吉晴 著 福昌堂
1981.10
ゾルゲ事件 : 戦争と日本人・三つの記録 牧野吉晴 著 新人物往来社
1974
空手風雲録 牧野吉晴 著 報知新聞社
1970
空手繚乱 牧野吉晴 著 報知新聞社
1970
飛燕合気道 牧野吉晴 著 報知新聞社
1970
青山白雲・閻魔の前で 牧野吉晴 著 金園社
1969
海の鉄仮面 牧野吉晴 著 浪速書房
1969
愛の珊瑚礁 牧野吉晴 著 東京文芸社
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想