牧野 紀之   (1939-)

牧野 紀之(まきの のりゆき、1939年 - )は、日本の哲学者・ドイツ語学者。 刑法学者牧野英一の孫。 1963年、東京大学文学部哲学科卒。 1970年、東京都立大学大学院卒。 東京都立大学での指導教官は寺沢恒信。 同期に許萬元がいる。 [著書] 『囲炉裏端』鶏鳴出版、1988年10月 [訳書] 『精神現象学』(G.W.F.ヘーゲル、未知谷)2001年9月 『小論理学』上巻・下巻(ヘーゲル、鶏鳴出版)1989年 [外部リンク] マキペディア マキペディア総目次 マキペディアにおける本人プロフィール 日本の哲学者 東京都出身の人物 1939年生

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキノ ノリユキ
人物別名 牧野紀之
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
辞書で読むドイツ語 牧野紀之 著 未知谷
2015.4
関口ドイツ文法 牧野紀之 編著 未知谷
2013.6
辞書で読むドイツ語 牧野紀之 著 未知谷
2009.5
西洋哲学史要 波多野精一 著 ; 牧野紀之 再話 未知谷
2007.5
理論と実践の統一 牧野紀之 編著 論創社
2005.6
マルクスの<空想的>社会主義 牧野紀之 著 論創社
2004.6
哲学の演習 : 考える悦び 牧野紀之 著 未知谷
2003.6
哲学の授業 : 考える楽しみ 牧野紀之 著 未知谷
2002.6
辞書で読むドイツ語 牧野紀之 著 未知谷
2002.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想