前田河 広一郎   (1888-1957)

Wikipedia「前田河広一郎

「青空文庫」より

前田河 広一郎(まえだこう ひろいちろう、1888年11月13日 - 1957年12月4日)は、宮城県出身の小説家。 日本のプロレタリア文学の勃興期における指導者の一人。 [経歴] 非嫡出子として仙台市仙台市川内大工町に生まれ、母方の伯父のもとで育つ。 1905年、宮城県立第一中学校(現在の宮城県仙台第一高等学校)を中退して上京し、徳冨蘆花に師事。 1907年、蘆花の支援を受けて渡米。 13年間の滞米生活中、皿洗いや外交員や庭師や邦字新聞『日米週報』記者などの職業を転々とする。 この時期、英語で小説を発表。 1920年に帰国。 1921年、雑誌『中外』に掲載された「三等船客」で文壇に登場。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マエダコウ ヒロイチロウ
人物別名 前田河広一郎

前田河, 廣一郎
生年 1888年
没年 1957年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2017.8
妖聖ガントリー シンクレア・ルイス作 ; 前田河広一郎訳 本の友社
2005.7
大暴風雨時代 前田河広一郎 著 ゆまに書房
2004.6
ジヤングル シンクレア 著 ; 前田河廣一郎 訳 ゆまに書房
2004.5
ジヤングル シンクレア 著 ; 前田河廣一郎 訳 ゆまに書房
2004.5
最初の衝撃 大杉栄 ほか著 学芸書林
2002.9
最後のロシア大公女マーリヤ マーリヤ大公女 [著] ; 平岡緑 訳 中央公論社
1984.4
蘆花伝 前田河広一郎 著 岩波書店
1982.9
プロレタリア文學集 前田河廣一郎 [ほか] 著 講談社
1980.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想