前田 純敬   (1922-2004)

前田純敬(まえだ すみのり、1922年3月9日-2004年2月10日)は、日本の小説家。 鹿児島県平之町生まれ。 東京外国語大学フランス語科卒業。 在学中から『四季』などに詩を発表、太平洋戦争後、島尾敏雄のすすめで富士正晴らの同人誌『VIKING』に参加。 1949年「夏草」で第22回芥川龍之介賞候補、『文藝春秋』に掲載される。 その後筆を折り、『Cahier』に所属。 ほか翻訳もした。 息子は放送作家の松本尚久。 [著書] 『練尾布由子』三啓社 1953 『現代のマノン』実業之日本社 1955 『深い靄』新潮社 1955 『夏草』高城書房 2004 [翻訳] アンドレ・ジイド...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マエダ スミノリ
人物別名 前田純敬
生年 1922年
没年 2004年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
夏草 前田純敬 著 高城書房
2004.4
深い靄 前田純敬 著 新潮社
1955
現代のマノン 前田純敬 著 実業之日本社
1955
凱旋門 エリヒ・マリヤ・レマルク 著 ; 前田純敬 訳 共和出版社
1953
練尾布由子 前田純敬 著 三啓社
1953
凱旋門 エリヒ・マリヤ・レマルク 作 ; 前田純敬 訳 共和出版社
1953
田園の少女 アンドレ・ジイド 原作 ; 前田純敬 著 ; 松村三冬 絵 小峰書店
昭和26
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想