前田 一   (1895-1978)

前田 一(まえだ はじめ、1895年3月25日-1978年5月2日)は、昭和時代の経営者。 日本経営者団体連盟(日経連)発足時から21年にわたって専務理事を務めた。 一説には「サラリーマン」という語を広めた人物とされている。 [経歴] 佐賀県小城郡三日月村(現在の小城市)出身。 東京帝国大学法学部を卒業後、商学部に再入学して1921年に卒業、北海道炭礦汽船会社に入社して労務係となり、以後一貫して総務畑を歩む。 1927年に著した『サラリーマン物語』が日本に「サラリーマン」という和製英語を定着させるきっかけになったと言われている。 1929年にヨーロッパに留学し、日本政府の要請で第12回国際労...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マエダ ハジメ
人物別名 前田一
生年 1895年
没年 1978年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コレクション・モダン都市文化 和田博文 監修 ゆまに書房
2008.1
コレクション・モダン都市文化 和田博文 監修 ゆまに書房
2006.12
十五年戦争重要文献シリーズ 飛田雄一編・解説 不二
1993.5
女と職業 前田一著 大空社
1993.5
この人この道 前田一 対談 日本経営者団体連盟弘報部
1968
経営人わしが国さ 前田一 著 日本経営者団体連盟弘報部
1959
特殊勞務者の勞務管理 前田一 著 山海堂
1944.10
特殊労務者の労務管理 前田一 著 山海堂
昭和18
磯村豊太郎傳 前田一編 前田一
1942.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想