柴山 五郎作   (1871-1913)

栃木生まれ。伝染病学者。明治31年(1898)東京帝国大学医科大学を卒業し、伝染病研究所助手となり、北里博士の下で細菌学の研究に従事。その後、内務省臨時検疫事務官、警視庁技師などに任じられ、40年(1907)医学博士の学位を受ける。大正2年(1913)3月6日、伝染病研究所で研究中に病毒のため殉職。

「近代日本人の肖像」より

この人物の情報

人物名ヨミ シバヤマ ゴロサク
人物別名 柴山五郎作
生年 1871年
没年 1913年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最近之肺結核療法 柴山五郎作 著 誠之堂書店
大正5
社会教育肺結核養生法 柴山五郎作 著 誠之堂書店
大正2
最近之肺結核療法 柴山五郎作著 誠之堂
1913.6
最近之肺結核療法 柴山五郎作 著 ; 北里柴三郎 閲 誠之堂書店
明45.5
日本伝染病小史 : 附・十九世紀戦疫小史 柴山五郎作 著 医海時報社
明45.8
最近之肺結核療法 柴山五郎作著 誠之堂
1912.5
日本伝染病小史 柴山五郎作著 医海時報社
1912.8
細菌及伝染病纂録 柴山五郎作 著 南江堂
明44.10
細菌及伝染病纂録 柴山五郎作 著 南江堂
明44.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想