串田 孫一   (1915-2005)

串田 孫一(くしだ まごいち、1915年11月12日 - 2005年7月8日)は、日本の詩人、哲学者、随筆家。 [人物] 東京市芝区生まれ。 父は三菱銀行会長の串田萬蔵。 駿河台や永田町や一番町に育つ。 暁星中学校から、1932年、東京高等学校 (旧制)文科丙類入学。 1938年、東京帝国大学哲学科卒。 中学時代から登山を始めた。 1938年、処女短編集『白椿』を刊行、戦前は上智大学で教える。 戦後、1946年に『永遠の沈黙 パスカル小論』を上梓、『歴程』同人となる。 旧制東京高等学校で教え、1955年、最初の山の本『若き日の山』を上梓、1958年、尾崎喜八らと山の文芸誌『アルプ』を創刊、1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クシダ マゴイチ
人物別名 串田孫一
生年 1915年
没年 2005年
職業・経歴等 随筆家
をも見よ 初見, 靖一(1915-2005)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
遥かなる山旅 串田孫一 著 中央公論新社
2018.1
若き日の山 串田孫一 著 山と渓谷社
2017.3
串田孫一 串田孫一 著 平凡社
2016.6
考えることについて 串田孫一 著 徳間書店
2015.5
記憶の道草 串田孫一 著 幻戯書房
2015.11
月と歩いた峠路 串田孫一 著 山と渓谷社
2015.11
悪魔と裏切者 山崎正一, 串田孫一 著 筑摩書房
2014.11
山のパンセ 串田孫一 著 山と渓谷社
2013.10
星への手紙 串田孫一 著 埼玉福祉会
2012.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想