櫛田 民蔵   (1885-1934)

櫛田 民蔵(くしだ たみぞう、1885年(明治18年)11月16日 - 1934年(昭和9年)11月5日)は、日本の経済学者。 福島県磐城郡上小川村(現在のいわき市小川町)生まれ。 福島県立磐城中学校から錦城中学に編入し、1908年、東京外国語学校卒。 1912年京都帝国大学卒。 妻は女性解放運動指導者の櫛田ふき。 大阪朝日新聞論説委員、同志社大学教授、法学部長を歴任。 1919年に東京帝国大学講師となるが、翌年の森戸事件を機に辞職。 大原社会問題研究所員となる。 1920年から2年間、久留間鮫造と渡欧、主にドイツで書籍の蒐集に当たる。 大原社研では、唯物史観とマルクス経済学における価値論を研...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クシダ タミゾウ
人物別名 櫛田民蔵
生年 1885年
没年 1934年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
櫛田民蔵・日記と書簡 櫛田民蔵 著 社会主義協会出版局
1984.12
軍事税および戦時経済 櫛田民蔵著 社会主義協会出版局
1981.5
社会主義は闇に面するか光に面するか 櫛田民蔵 著 朝日新聞社
1980.9
農業問題 櫛田民蔵著 社会主義協会出版局
1979.6
社会問題 櫛田民蔵著 社会主義協会出版局
1979.12
櫛田民蔵全集 - 社会主義協会出版局
1978.6
価値および貨幣 櫛田民蔵著 社会主義協会出版局
1978.12
河上肇より櫛田民蔵への手紙 河上肇 著 ; 大内兵衛, 大島清 編 法政大学出版局
1974
『共産党宣言』の研究 櫛田民蔵 著 ; 大内兵衛 補修 青木書店
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想