沢田 柳吉   (1886-1936)

澤田 柳吉(さわだ りゅうきち、1886年3月13日 - 1936年9月16日)は、日本のピアニスト。 一般聴衆を前に演奏会を開いた最初の日本人ピアニストと言われている。 [概要] 東京都に生まれ、東京音楽学校でピアノを学ぶ。 同期には久野久子や小松耕輔、大和田愛羅らがいる。 浅草オペラの創設に携わり、幕間でピアノ演奏を行なった他、オペレッタなどの上演に参加した。 1923年、関東大震災によって浅草オペラが壊滅的打撃を受けると、大阪府へ移住。 演奏活動の他、大阪洋楽研究所を主宰し、ピアノ・声楽・音楽理論などを教えた。 黎明期の日本のレコード会社に、洋楽・邦楽を問わず数多くの伴奏や器楽の録音を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サワダ リュウキチ
人物別名 沢田柳吉
生年 1886年
没年 1936年
職業・経歴等 ピアニスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
春の愁ひ : 外三曲 小林愛雄 歌 ; 沢田柳吉 曲 愛音会出版部
大正5
ピアノ楽譜 : 調和楽 沢田柳吉 著 十字屋
明44,45
ピアノ楽譜 : 調和楽 沢田柳吉 著 十字屋
明44,45
十日戎 沢田柳吉 編 松本楽器
明43.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想