来馬 琢道   (1877-1964)

来馬 琢道(くるま たくどう、1877年11月28日 - 1964年7月10日)は、日本の僧侶、参議院議員(1期)。 東京出身。 仏前結婚式の創始者ともされる。 [来歴・人物] 来馬立道、西有穆山に師事。 1900年、浅草の曹洞宗万隆寺に晋山し、翌年曹洞宗大学を卒業。 仏教青年伝道会に携わり、自坊で「仏前結婚式」の導師を務めるなど多彩な活動を行なう。 1911年にはシャムの皇帝戴冠式に出席。 曹洞宗宗議会議長、教学部長、庶務部長、顧問など宗内の重要ポストに就き、『曹洞宗全書』の編纂に尽力。 1932年には大陸に渡り満洲・内蒙古の宗教事情を調査した。 日朝親善協会会長なども務めた。 晩年には大...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クルマ タクドウ
人物別名 来馬琢道
生年 1877年
没年 1964年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新篇禅学活問答 来馬琢道 編 名著普及会
2003.5
禅門寳鑑 来馬琢道 編著 鴻盟社
1993.3
曹洞宗新篇禅学活問答 来馬琢道 編 名著普及会
1984.4
禅宗聖典 来馬琢道 編 平楽寺書店
1962 48版
「現代人の見たる聖徳太子」集成 来馬琢道 編著 太子運動十周年記念行事委員会
1960
禅的体験街頭の仏教 : 附・文章生活三十年記念祝賀会記事 来馬琢道 著 ; 安藤嶺丸 編 仏教社
昭和9
禅と日蓮主義 来馬琢道, 鷲見日顕 著 資文堂書店
1932.1
禪學活問答 來馬琢道編 鴻盟社
1932.7
禪と日蓮主義 來馬琢道, 鷲見日顯著 白永社書房
1932.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想