黒島 伝治   (1898-1943)

1898(明治31)年12月12日、香川県小豆島の貧しい農家に生まれる。1917(大正6)年、文学を志し上京、1919(大正8)年に早稲田大学予科に入学するが、徴兵を受け、シベリアに派兵。胸を患い、帰国。『文芸戦線』同人となり農民小説、反戦小説を執筆。代表作は、シベリア出兵を題材にした『渦巻ける烏の群』、済南事件に取材した『武装せる市街』など。1943(昭和18)年10月17日、郷里小豆島で病死。(大野 裕)Wikipedia「黒島伝治

「青空文庫」より

黒島 伝治(くろしま でんじ、1898年12月12日 - 1943年10月17日)は、日本の小説家である。 香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれた。 壺井栄は隣村(現在は合併で同じ町になっている)の出身である。 上級学校への進学はかなわず実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。 このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。 この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。 兵役を終え...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロシマ デンジ
人物別名 黒島伝治

黒島, 傳治
生年 1898年
没年 1943年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
驚異 : 出会いと偶然 楜沢健編 森話社
2022.6
黒島伝治作品集 [黒島伝治著] ; 紅野謙介編 岩波書店
2021.10
セメント樽の中の手紙ほか 葉山嘉樹 ほか 著 筑摩書房
2017.3
橇/豚群 黒島伝治 [著] 講談社
2017.8
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2017.8
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2015.5
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2014.4
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.10
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2013.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想