八橋検校   (1614-1685)

八橋検校(やつはし けんぎょう、慶長19年(1614年) - 貞享2年6月12日(1685年7月13日))は、近世中期の日本を生きた人物。 江戸時代前期の音楽家であり、検校を務めた。 名は城秀。 出身は諸説あるが、山田松黒が安永8年(1779年)に記した『箏曲大意抄(そうきょくたいいしょう)』より陸奥国磐城(明治期の磐城国、現・福島県いわき市)が定説とされている。 他に摂津国(現・大阪府北中部、ほか)とする説もある。 [人物・来歴] 八橋検校は、寛永年間(1624-1644年〉の初め頃、摂津で城秀と称して三味線の分野で活躍した。 その後、江戸にくだり、筑紫善導寺の僧・法水に師事して筑紫流箏曲...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤツハシ ケンギョウ
人物別名 城談

城秀

山住勾当

上永検校城談

鏡覚院応順心禅定門
生年 1614年
没年 1685年
職業・経歴等 音楽家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
筝の古典と白繭(きぬいと)の響き : 太助筝による てん・仁智(筝) ; 藤井泰和(三絃) ; 志村哲(尺八) 浜松市楽器博物館
2014, c2014
筝曲 (生田流) 米川敏子, [筝、三絃] Gakken
c2014
The sea in a moonlit night - P.A.U.
c2011
日本音楽史 : 日本の伝統音楽 - コロムビアミュージックエンタテインメント
2006.3, p2006
箏の世界 安藤政輝 [歌・箏] ビクターエンターテインメント
日本伝統文化振興財団
2006.11-
春の海・六段 : 筝の名曲 - ビクターエンターテインメント
日本伝統文化振興財団
c2005
生田流箏曲, 宮城道雄 - Victor
p2005
箏の物語 - 邦楽ジャーナル
2004
Japanese music for voice, koto, and shamisen - Col legno
c2001
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想