呉 文聡   (1851-1918)

呉 文聡(くれ あやとし/ふみあき、嘉永4年11月27日(1851年12月19日) - 大正7年(1918年)9月19日)は、日本の統計学者、慶應義塾大学教授。 貴族院勅選議員。 「国勢調査の生みの親」といわれる。 [人物] 広島藩医呉黄石の次男として江戸・青山(現在の東京都港区)に生まれた。 母せきは箕作阮甫の長女。 精神科医の呉秀三は弟。 元治2年(1865年)に鉄砲洲慶應義塾に入学し卒業。 明治8年(1875年)に太政官正院政表課(のちの内閣統計局審査官)に入り、国勢調査が日本で行われていなかった頃から欧米のような国勢調査を実施しなければならないと主張したことで知られている。 国勢調査...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クレ アヤトシ
人物別名 呉文聡
生年 1851年
没年 1918年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
我国統計事業之批評 : 呉文聰君演説 呉文聰[口述] ; 内山宏編著 専修大学史資料研究会
2021.4
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2002.1
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2002.1
実際統計学 呉文聡著 竜渓書舎
2002.1
呉文聡著作集 - 日本経営史研究所
1973
呉文聰統計学論文選集 呉文聰 [著] ; 呉文炳編著 日本経営史研究所
1972
呉文聰 原田高博編 原田高博
1933.8
呉文聡 呉建 編 呉建
大正9
呉文聡 呉建 編 呉建
大正9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想