熊谷 寛夫   (1911-1977)

熊谷寛夫(くまがい ひろお、1911年2月16日-1977年11月5日)は、日本の物理学者。 日本物理学会会長や日本学術会議の委員を務め、世界初の「可変エネルギーサイクロトロン」を完成させ、「高エネルギー物理学の父」と言われる。 長野県東筑摩郡寿村(現・松本市)生まれ。 旧姓青木。 [経歴] 1928年 - 旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)卒業。 1931年 - 松本高等学校理科甲類卒業。 1934年 - 東京帝国大学理学部物理学科卒業。 大阪帝国大学物理学科助手採用。 1939年 - 「中性子の研究」で理学博士。 東京帝国大学理学部助教授。 1949年 - 東京大学理学部教授。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クマガイ ヒロオ
人物別名 熊谷寛夫
生年 1911年
没年 1977年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
物理定数表 飯田修一 [ほか]共編 朝倉書店
1978.8
たこを工夫する : 手づくりのたこを上げよう 熊谷寛夫 著 ; 月田孝吉 絵 大日本図書
1976.11
実験物理学講座 近角聡信 等編 共立
1975
電磁気学の基礎 : 実験室における 熊谷寛夫 著 裳華房
1975
実験に生きる 熊谷寛夫 著 中央公論社
1974
応用物理 熊谷寛夫監修 森北
1971
応用物理 - 森北
1971
原子力 : エネルギー革命を追って 熊谷寛夫 著 筑摩書房
1970
真空の物理と応用 熊谷寛夫 等著 裳華房
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想