向井 千秋   (1952-)

向井 千秋(むかい ちあき、旧姓:内藤、1952年(昭和27年)5月6日 - )は、群馬県館林市出身の日本人女性初の宇宙飛行士。 慶應義塾大学医学部卒、医学博士。 夫は医師で慶應義塾大学准教授の向井万起男。 実弟は釣り師のヒロ内藤である。 [来歴・人物] 群馬の館林北小から館林市立一中へ進み、この頃医師を志すようになる。 そのため、学校群制度が施行されて間もなかったとはいえ、東大に多くの合格者を送っていた都立日比谷高校から医学部進学を希望して、親に頼み自ら中学2年次に上京し、品川の荏原二中に転校した。 高校受験では、日比谷高、雙葉高、慶應女子高に合格し、日比谷に進学しようとしたところ、当時学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムカイ チアキ
人物別名 向井千秋
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 外科医

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
宇宙飛行士は早く老ける? : 重力と老化の意外な関係 ジョーン・ヴァーニカス 著 ; 向井千秋, 日本宇宙フォーラム 監修 ; 白崎修一 訳 朝日新聞社
2006.9
4001の願い バーバラ・アン・キプファー 著 ; 向井千秋, 向井万起男 共訳 文芸春秋
2002.5
向井千秋の宇宙と体のおもしろい関係 向井千秋 述 ; NHK出版 編 日本放送出版協会
1995.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想