黒田 湖山   (1878-1926)

黒田 湖山(くろだ こざん、1878年(明治11年)5月25日 - 1926年(大正15年)2月18日)は、日本の小説家、記者。 本名は直道。 滋賀県甲賀郡水口町(現:甲賀市)生まれ。 [経歴] 1878年(明治11年)6月2日、滋賀県甲賀郡水口町に生まれる。 上京した後、東京専門学校(現:早稲田大学)にて学び、同郷出身で近江国水口藩の藩医の出であった巌谷小波に師事。 小波と共に1885年(明治18年)に発足した文学同人結社の硯友社で活動し、日本初の純文芸雑誌である『我楽多文庫』に参加、執筆する。 1895年(明治28年)創刊で小波が編集していた、博文館発行の児童文学誌『少年世界』やそれに続...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロダ コザン
人物別名 黒田湖山

黒田, 直道
生年 1878年
没年 1926年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
滑稽ですね : 小説 黒田湖山 著 上弦書洞
大正9
集金手紙 黒田湖山 著 手紙研究会
大正9
うき雲 : 悲劇小説 黒田湖山 著 春江堂
大正9
大江山續話 巖谷小波, 黑田湖山 共編 博文館
1914.9
安達が原續話 巖谷小波, 黑田湖山 共編 博文館
1914.12
片笑くぼ : 少女小説 黒田湖山 著 福岡書店
大正2
少年膝栗毛 黒田湖山 著 博文館
大正2
ジヤングルブツク : 少年小説 Kipling 著 ; 黒田湖山 抄訳 福岡書店
大正2
当世気質新奥様 黒田湖山 著 博文館
大正2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想