小島 烏水   (1873-1948)

本名久太。登山家、随筆家。高松生まれ。横浜商業学校卒業後、横浜正金銀行に勤務、以後定年まで在籍。 明治29(1896)年、評論『一葉女史』の注目により文筆活動に入る。明治32年、勤務先の休暇を利用した浅間山から木曾への山旅が契機となり登山へ傾倒。未開の南・北アルプスなど日本中部の山々を踏破。日本の近代登山に先駆的な役割を果たす。明治38(1905)年、日本山岳会創立、初代会長。著書には『日本アルプス』(全4巻)ほか『浮世絵と風景画』など美術研究書がある。『小島烏水全集』全14巻(大修館書店)参考図書:『アルピニストの手記』小島烏水 平凡社ライブラリー(平凡社)『山岳紀行文集 日本アルプス』小島烏水 近藤信行編 岩波文庫(岩波書店)などが現在でも比較的入手しやすい。Wikipedia「小島烏水

「青空文庫」より

小島 烏水(こじま うすい、1873年12月29日-1948年12月13日)は、日本の登山家、随筆家、文芸批評家、浮世絵や西洋版画の収集家・研究家。 本名は小島 久太。 [来歴・人物] 1873年香川県高松生まれ。 横浜商業学校卒業。 横浜正金銀行に入行。 銀行は定年まで勤め、シアトル支店長などを歴任。 横浜商業学校時代に友人と雑誌『学燈』を編集するなど、早くから文筆に興味を持つ。 銀行に入ってから、1896年に出した『一葉女史』により評論家として世に注目される。 また、登山家としても知られ、1897年立川から甲府の昇仙峡まで徒歩で青梅街道を歩く、1899年休暇に浅間山 - 木曽へ山旅するな...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コジマ ウスイ
人物別名 小島烏水

小島, 久太
生年 1873年
没年 1948年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ふるさと文学さんぽ長野 大藤敏行 監修 大和書房
2013.10
明治紀行文學集 福田清人編 筑摩書房
2013.1.25
近代香川の人物譜 : 菊池寛と同じ時代を生きた人々 : 第48回特別展 高松市歴史資料館 編 高松市歴史資料館
2008.6
扇頭小景 小島烏水 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2007.3
アルピニストの手記 小島烏水 著 平凡社
1996.12
日本風景論 志賀重昂 著 ; 近藤信行 校訂 岩波書店
1995.9
日本アルプス : 山岳紀行文集 小島烏水 著 ; 近藤信行 編 岩波書店
1992.7
小島烏水全集 小島烏水著 大修館書店
1987.9
小島烏水全集 小島烏水著 大修館書店
1986.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想