古在 由秀   (1928-2018)

古在 由秀(こざい よしひで、1928年4月1日 - )は、日本の天文学者。 専門は、天体力学。 最後の東京天文台長・初代国立天文台長である。 [経歴] 古在由正・澄江夫妻の長男として東京府北豊島郡巣鴨町駒込(現・東京都豊島区駒込)に生まれた。 父・由正は古在由直(農芸化学者)・豊子(清水紫琴及び古在紫琴の筆名で作家として活動した)夫妻の長男で、母・澄江は東洋史学者・幣原坦の次女。 従ってマルクス主義哲学者の古在由重は父方の叔父にあたり(由重は由直の次男)、外交官出身の政治家で第44代内閣総理大臣・第40代衆議院議長の幣原喜重郎は母方の大叔父にあたる(喜重郎は坦の弟)。 また、父方の従弟に千...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コザイ ヨシヒデ
人物別名 古在由秀

Kozai, Yoshihide

Yoshihide Kozai

Kozai, Y
生年 1928年
没年 2018年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
天文台へ行こう 古在由秀 著 岩波書店
2005.1
宇宙の仕組み 古在由秀 著 国際高等研究所
2003.4
宇宙を探る新しい目 古在由秀 編 クバプロ
2002.10
地球観の新しい奔流 : 測地学審議会創基100年を記念して 平澤威男編著 平澤威男
1999.3
天文学講話 古在由秀 著 丸善
1997.9
「KOZAI」天文学と共に : 古在先生退任記念アルバム - 古在先生退任記念事業会
1994.6
天文台からみた世界 古在由秀 著 読売新聞社
1990.7
測地科学に関する研究動向と今後の課題 分担者:古在由秀 東京大学
1988.3
古在由秀30年間の著作から - 東京天文台
1988
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想