小山 茂樹   (1935-2014)

小山 茂樹(こやま しげき、1935年8月21日 - 2014年7月14日)は、日本の政治学者。 元・中東経済研究所理事長。 [経歴] 岡山県生まれ。 1960年東京大学経済学部卒業後、経済企画庁に入庁。 1968年から1970年までアジア経済研究所海外派遣員としてレバノン赴任。 この赴任中に四つの大きな事件に遭遇している。 一つ目の事件は、1968年12月28日夜イスラエルのベイルート空港襲撃、二つ目の事件は、1969年4月パレスチナ・ゲリラの支援の是非を巡っての左右両派の対立が暴動に発展、三つ目の事件は、1969年10月二つ目の事件がエスカレートしてレバノン全土の政治的危機、四つ目の事件...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヤマ シゲキ
人物別名 小山茂樹
生年 1935年
没年 2014年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
エコノミストの群像 [小山茂樹著] ; 小山会, 小山則子編集 小山会
小山則子
2015.7
ホメイニーからビン・ラーディンへ 小山茂樹 著 第三書館
2011.11
中東がわかる古代オリエントの物語 小山茂樹 著 日本放送出版協会
2006.3
憎まれるアメリカの正義 小山茂樹, 立花亨 [著] 講談社
2002.3
世界の紛争 小山茂樹, 大原進 著 東京書籍
2002.3
最新誰にでもわかる中東 小山茂樹 著 時事通信社
2002.7
石油はいつなくなるのか 小山茂樹 著 時事通信社
1998.12
シリアとレバノン 小山茂樹 著 東洋経済新報社
1996.9
サウジアラビア 小山茂樹 著 中央公論社
1994.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想