小山 清   (1911-1965)

Wikipedia「小山清

「青空文庫」より

小山 清(こやま きよし、1911年(明治44年)10月4日 - 1965年(昭和40年)3月6日)は東京出身の小説家。 東京府東京市浅草区新吉原(現在の東京都台東区千束)の廓内に生まれる。 生家は兼東楼という貸座敷業を営んでいたが、盲目の父は家業に関係せず義太夫を謡っていた。 府立三中を経て、明治学院中等部卒業。 18歳のとき人生への煩悶から洗礼を受けるも、数年で脱会。 母の死後、一家離散の憂き目を見る。 島崎藤村の世話で日本ペンクラブ初代書記になるも、公金を使い込み、水戸刑務所に8ヶ月間服役する。 出所後、下谷竜泉寺町界隈で新聞配達をしていたが、1940年(昭和15年)に太宰治の門人となる...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヤマ キヨシ
人物別名 小山清
生年 1911年
没年 1965年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
太宰治の手紙 : 返事は必ず必ず要りません 太宰治著 ; 小山清編 河出書房新社
2018.6
ファイン/キュート素敵かわいい作品選 高原英理 編 筑摩書房
2015.5
日日の麵麭(パン)/風貌 小山清 [著] 講談社
2014.7
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.12
落穂拾い・犬の生活 小山清 著 筑摩書房
2013.3
栞子さんの本棚 : ビブリア古書堂セレクトブック 夏目漱石, アンナ・カヴァン, 小山清, フォークナー, 梶山季之, 太宰治, 坂口三千代, 国枝史郎, アーシュラ・K・ル・グイン, ロバート・F・ヤング, F・W・クロフツ, 宮沢賢治 著 角川グループホールディングス
角川書店
2013.5
小山清, 藤原審爾, 広津柳浪 著 ポプラ社
2010.10
小さな町 小山清 著 みすず書房
2006.10
日日の麺麭 : 小山清作品集 風貌 : 小山清作品集 小山清 著小山清 著 講談社
2005.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想