岡崎 邦輔   (1854-1936)

岡崎 邦輔(おかざき くにすけ、1854年4月12日(嘉永7年3月15日) - 1936年(昭和11年)7月22日)は、日本の政治家・実業家。 号は晩香。 自由党を経て、立憲政友会衆議院議員、加藤高明内閣の農林大臣、貴族院議員を歴任する。 陸奥宗光の配下として活躍し、政界の寝業師、策士として知られた。 [経歴] 嘉永7年(1854年)3月15日(衆議院に提出した履歴による。 嘉永6年(1853年)説もあり)、紀州藩士・長坂学弥(がくや)の子として生まれる。 孫の岡崎久彦によれば、長坂家は長坂血鑓九郎の末裔であるという。 江戸の旗本直参・長坂本家との関係は、系図に明らかでなく、大阪夏の陣後の元...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカザキ クニスケ
人物別名 岡崎邦輔
生年 1854年
没年 1936年
職業・経歴等 閣僚経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
憲政回顧録 岡崎邦輔 著 福岡日日新聞社東京聯絡部
昭和10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想