小山 弘健   (1912-1985)

小山弘健(こやま ひろたけ、1912年6月21日-1985年1月16日)は、歴史学者。 [略歴] 大阪出身。 天王寺商業学校卒。 マルクス主義研究や軍事技術研究から出発。 日本の近代経済史や労働・社会運動史の研究を行った。 日本共産党の党員であったが除名。 1968年本州大学(現長野大学)教授。 [著書] 近代軍事技術史 三笠書房 1941 近代日本軍事史概説 伊藤書店 1944 日本資本主義論争の現段階 1956 (青木選書) 日本マルクス主義史 1956 (青木新書) 戦後日本共産党史 党内闘争の歴史 三月書房 1958 戦後の日本共産党 1962 (青木新書) ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヤマ ヒロタケ
人物別名 小山弘健
生年 1912年
没年 1985年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本資本主義論争史 小山弘健, 山崎隆三 著 ; 社会経済労働研究所 編 こぶし書房
2014.5
戦後日本共産党史 小山弘健 著 ; 津田道夫 編・解説 こぶし書房
2008.5
日本帝国主義史 小山弘健, 浅田光輝 著 新泉社
1985.8
戦前日本マルクス主義と軍事科学 小山弘健 著 エスエル出版会
1985.10
軍事思想の研究 小山弘健 著 新泉社
1984.3
たたかう住民たち : 現代住民運動 小山弘健 編 新泉社
1984.11
日本社会運動史研究史論 小山弘健 著 新泉社
1979.5
特集:異端と未完の革命群像を求めて 小山弘健[ほか] エスエル出版会
1983.8
軍事思想の研究 小山弘健 著 新泉社
1977.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想