楊 海英   (1964-)

楊 海英(ようかいえい、ヤン・ハイイン、1964年9月15日 - )は、中華人民共和国内モンゴル自治区(南モンゴル)出身の文化人類学者。 モンゴル名はオーノス・チョクト、日本に帰化した後の日本名は大野旭で、「楊海英」は中国名である。 1966年から1976年にかけての文化大革命において、モンゴル人数十万人が中国共産党政府によって粛清された内モンゴル人民革命党粛清事件についての研究で知られる。 [略歴] 内モンゴル自治区オルドス生まれ。 北京第二外語学院大学日本語学科卒。 内モンゴル人民革命党粛清事件に関する幼少期の「恐怖の記憶」として、「人民の敵」と認定されると、裁判をせずに殺害されたこと、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨウ カイエイ
人物別名 楊海英

オーノス・チョクト

Yang, Haiying

大野, 旭
生年 1964年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
内モンゴル紛争 : 危機の民族地政学 楊海英著 筑摩書房
2021.1
モンゴルの仏教寺院 : 毛沢東とスターリンが創出した廃墟 楊海英編 風響社
2021.1
紅衛兵とモンゴル人大虐殺 : 草原の文化大革命 楊海英著 筑摩書房
2021.3
モンゴル騎兵の現代史 : チベットに舞う日本刀 楊海英著 中央公論新社
2020.3
モンゴルの親族組織と政治祭祀 : オボク・ヤス (骨) 構造 楊海英著 風響社
2020.4
中国人の少数民族根絶計画 楊海英著 潮書房光人新社
2020.1
世界を不幸にする植民地主義国家・中国 楊海英著 徳間書店
2020.12
中国が世界を動かした「1968」 楊海英編 ; 梅﨑透 [ほか執筆] 藤原書店
2019.5
モンゴル最後の王女 : 文化大革命を生き抜いたチンギス・ハーンの末裔 楊海英著 ; 新間聡著 草思社
2019.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想