小坂 樹徳   (1921-2010)

小坂 樹徳(こさか きのり、1921年(大正10年)9月11日 - 2010年(平成22年)8月3日)は医学者、医学博士。 専門は内科学、糖尿病学。 東京大学名誉教授、虎の門病院名誉院長。 日本人の糖尿病の原因や病態を明らかにし、診断法や治療法の確立に貢献した。 長野県出身。 1945年 東京帝国大学医学部卒業後、坂口康蔵教授の、東京帝国大学第三内科学教室入局。 1966年~東京女子医科大学教授、1972年から82年まで東京大学医学部第三内科第6代教授。 後任の教授は高久史麿。 東京大学退官後は虎の門病院院長を歴任。 1983年から92年まで日本糖尿病学会理事長を務めた。 [略歴] 1945...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コサカ キノリ
人物別名 小坂樹徳
生年 1921年
没年 2010年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代医療論 小坂樹徳, 田村京子編著 メヂカルフレンド社
2021.1
糖尿病学 門脇 孝【編】 診断と治療社
2017.5.31
糖尿病学 門脇 孝【編】 診断と治療社
2015.5.20
糖尿病学 門脇 孝【編】 診断と治療社
2014.5.20
糖尿病学 門脇 孝【編】 診断と治療社
2013.5.10
現代医療論 小坂樹徳, 田村京子 編著 メヂカルフレンド社
2012.11
現代医療論 小坂樹徳 編 メヂカルフレンド社
2012.2 (第16刷)
治療法概説 小坂樹徳 編 メヂカルフレンド社
2012.2 (第15刷)
病態と診療の基礎 小坂樹徳 編 メヂカルフレンド社
2012.2 (第14刷)
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想