近衛 篤麿   (1863-1904)

京都生まれ。政治家。五摂家筆頭の家柄で、父は従一位近衛忠房。明治18年(1885)から23年(1890)まで渡欧し、ボン、ライプチヒ両大学に学ぶ。帰国後、貴族院公爵議員。のち同議長をつとめる。藩閥政治に批判的で、26年(1893)民党各派提出の条約励行建議案に同調、伊藤博文に意見書を寄せ、対外硬派の運動を支持した。その後、東亜の保全と改善を唱導して東亜同文書院を設立。東亜同文会、また国民同盟会、対露同志会を通じて国権的政治運動を展開。28年(1895)から学習院長となる。36年(1903)枢密顧問官を兼任。

「近代日本人の肖像」より

近衞 篤麿(このえ あつまろ、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1904年(明治37年)1月1日)は、明治時代後期の華族・政治家。 号は霞山。 近衛家は五摂家筆頭の家柄で、公爵。 第3代貴族院議長、第7代学習院院長、帝国教育会初代会長。 本姓は藤原。 [経歴] 1863年(文久3年)旧暦6月26日、左大臣・近衛忠房と島津斉彬娘(実は養女)・貞姫の長男として京都に生まれた。 ただし父忠房が1873年(明治6年)に家督を継がないまま35歳の若さで病没したために、祖父近衛忠煕の養子という形で家督を相続した(文献によって、忠煕六男と記しているものもある)。 1879年(明治12年)大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コノエ アツマロ
人物別名 近衛篤麿
生年 1863年
没年 1904年
職業・経歴等 公家・旧大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民法評釋 小林里平著 信山社
2018.5
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1969
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1969
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1968
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1968
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1968
近衛篤麿日記 近衛篤麿日記刊行会 編 鹿島研究所出版会
1968
陽明文庫名品展 : 近衛霞山公五十年記念 - 三越
[1954]
北海道私見 近衞篤麿 原著 ; 橘文七 校註 北海道文化資料保存協会
1950.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想