橘川 武郎   (1951-)

橘川 武郎(きっかわ たけお、1951年8月24日 - )は、日本の経営学者。 専門は日本経営史・エネルギー産業論。 東京大学教授等を経て、現在一橋大学大学院商学研究科教授、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員、2013年1月から日本経営史学会の10代目会長を務めている。 和歌山県出身。 日本におけるエネルギー産業(特に電気、石油)の研究の他、流通業や企業の金融に関する研究なども行っている。 また、東大社会学研究所時代から参画する希望学プロジェクトに関連し、釜石市を例に取った、地方・地域経済活性化についての研究も行っている。 [経歴] 1970年 - 東京教育大附属駒場高校卒業。 東京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キッカワ タケオ
人物別名 橘川武郎
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
LNG : 50年の軌跡とその未来 今井伸, 橘川武郎著 日経BPコンサルティング
日経BPマーケティング
2019.10
イノベーションの歴史 : 日本の革新的企業家群像 橘川武郎著 有斐閣
2019.11
土光敏夫 橘川武郎 著 PHP研究所
2017.1
応用経営史 橘川武郎 著 文真堂
2016.3
外資の経営史 橘川武郎, 金花, 井岡佳代子 著 文真堂
2016.3
グローバル経営史 橘川武郎, 黒澤隆文, 西村成弘 編 名古屋大学出版会
2016.4
原子力安全・保安院政策史 橘川武郎, 武田晴人 著 経済産業調査会
2016.3
財閥と企業グループ 橘川武郎 著 日本経営史研究所
2016.5
自由化大競争時代を勝ち抜くLPガス事業 橘川武郎, 山内弘史, 瀬戸仁 著 石油ガス・ジャーナル
2016.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想