小西 茂也   (1909-1955)

Wikipedia「小西茂也

「青空文庫」より

小西 茂也(こにし しげや、1909年1月16日 - 1955年4月21日)は、フランス文学者。 19世紀フランス文学を中心に多くの翻訳書がある。 外務省勤務後に、オノレ・ド・バルザック、ギ・ド・モーパッサンや、ピエール・ブラントームなどのフランス艶笑譚を翻訳。 戦後1946年には、かねて敬愛する永井荷風を市川の自宅にしばらく住まわせたことでも知られている。 精力的に翻訳業を続けていたが、40代で急逝した。 2007年にマルキ・ド・サド『閨房哲学』の訳稿が発見され刊行された。 [著書] モーパッサン 大西忠雄共著 青磁社 1949 ふらんす情史 大日本雄弁会講談社 1954 [翻訳] ドス...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コニシ シゲヤ
人物別名 小西茂也
生年 1909年
没年 1955年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
閨房哲学 D.A.F.サド 著 ; 小西茂也 訳 一穂社
紀伊国屋書店
2007.11
谷間の百合 バルザック 著 ; 石井晴一 訳 新潮社
2005.2
恋愛血風録 : デュマ"ダルタニャン物語"外伝 小西 茂也【訳】 ブッキング
2005.1.11
ドストエフスキイ文献集成 井桁貞義, 本間暁 共編 大空社
1995.12
暗黒事件 オノレ・ド・バルザック 著 ; 小西茂也 訳 新潮社
1994.5
谷間の百合 ; ゴリオ爺さん バルザック著 ; 小西茂也訳 新潮社
1971.6
ゴリオ爺さん バルザック 著 ; 小西茂也 訳 角川書店
1969
谷間の百合 ; ゴリオ爺さん バルザック著 ; 小西茂也訳 新潮社
1969.10
性の世界・ロレンス論・ランボー論 [ヘンリー・ミラー著] ; 吉田健一, 宮本陽吉, 小西茂也訳 新潮社
1967.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想