金剛 右京   (1872-1936)

金剛 右京(こんごう うきょう、明治5年(1872年)10月 - 昭和11年(1936年)3月27日)は、シテ方金剛流能楽師。 [概要] 金剛流宗家(坂戸金剛家)二十三世。 幼名は鈴之助、名は氏慧(うじやす)。 父は宗家二十二世金剛泰一郎兵衛氏善。 明治17年(1884年)に祖父金剛唯一が死去、父も精神を患い明治20年(1887年)に没し、若年で宗家を背負うこととなった。 明治25年(1892年)から京都で弟子筋の金剛謹之輔の指導を受ける。 明治37年(1904年)に東京へ帰還して流派の再興を図るが、度重なる不運にみまわれた。 芸風は大胆華麗と評され、金剛流独自の離れ技を得意とした。 継嗣が...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コンゴウ ウキョウ
人物別名 金剛右京
生年 1872年
没年 1936年
職業・経歴等 役者
をも見よ 金剛, 鈴之助(1872-1936)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
謡曲歌かるた 藤井義良著 ; 金剛右京編輯 ; 島田政志揮毫 藤井義良
1996.4
謡曲歌かるた 藤井義良著 ; 金剛右京編輯 ; 島田政志揮毫 藤井義良
1996.5
謡曲歌かるた 藤井義良著 ; 金剛右京編輯 ; 島田政志揮毫 藤井義良
1993.4
この道絶えずは : 東京における金剛流のあゆみ 金剛右京[ほか]著 東京金剛会
1978
能樂藝話 金剛右京 談 ; 三宅襄 著 桧書店
1976.2
能楽芸話 金剛右京 談 ; 三宅襄 聞書 桧書店
1971
黒塚 [著作者金剛右京]. 桧書店
1940.9
海人 [著作者金剛右京]. 桧書店
1940.9
金剛流昭和版仕舞形附 金剛右京 著 桧書店
昭和8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想