近藤 義郎   (1925-2009)

近藤 義郎(こんどう よしろう、1925年2月14日 ‐ 2009年4月5日)は、日本の考古学者。 岡山大学名誉教授。 [概略] 1925年(大正14年)、栃木県足利市に生まれる。 京都大学文学部を卒業し、岡山大学へ赴任して以後、晩年まで数々の発掘調査を実施し、重要な調査成果と研究論文を次々と発表した。 岡山大学法文学部教授ののち、名誉教授に就任。 考古学研究会代表、岡山の自然を守る会会長、前方後円墳研究会代表などを歴任した。 戦後の日本考古学を主導した重要な考古学者の一人である。 死去に際してはその報が半年間完全に伏せられていた。 [概略] 近藤は、原始集落を共同体と単位集団論によって説...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コンドウ ヨシロウ
人物別名 近藤義郎
生年 1925年
没年 2009年
職業・経歴等 考古学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
前方後円墳の時代 近藤義郎著 岩波書店
2020.2
地域考古学の原点 近藤義郎, 中村常定 著 新泉社
2008.1
考古学通論 近藤義郎 著 青木書店
2008.7
発掘五〇年 近藤義郎 著 河出書房新社
2006.1
前方後円墳の起源を考える 近藤義郎 著 青木書店
2005.3
土器製塩の島 近藤義郎 著 新泉社
2005.8
川東車塚古墳の研究 近藤義郎 監修 ; 倉林眞砂斗, 澤田秀実, 君嶋俊行 編 吉備人
2004.3
楯築弥生墳丘墓 近藤義郎 著 吉備人
2002.9
前方後円墳に学ぶ 近藤義郎 著 山川出版社
2001.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想