浅井 得一   (1913-2003)

浅井 得一(あさい とくいち、1913年 - 2003年)は、日本の地理教育学者、軍人。 [経歴] 東京生まれ。 京都帝国大学文学部地理学専攻卒。 小牧実繁らの大東亜地理学派の一人。 戦時下の1942年12月、南方軍情報官としてビルマに赴任、陸軍司政官となる。 1944年4月25日、南方軍ビルマ方面軍・磯村武亮参謀副長の示唆を受け、ビルマ国国家主席・バー・モウの暗殺を企てるが、ビルマ兵の警戒により失敗、逮捕されるも日本へ帰される。 その後、京都大学人文科学研究所嘱託研究員、1960年、「日本の都市の人口地理学的研究」で日本大学文学博士。 日本大学助教授、明治大学教授、玉川大学講師、国士舘大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサイ トクイチ
人物別名 浅井得一
生年 1913年
没年 2003年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ビルマ戦線風土記 浅井得一 著 玉川大学出版部
2007.12
愛知県人と名古屋人 浅井得一 著 玉川大学出版部
1995.12
愛知県人と名古屋人 浅井得一 著 玉川大学出版部
1995.12
日本地理 浅井得一編 誠文堂新光社
1994.6
禎子を想う 浅井得一 著 近代文芸社
1992.11
日本地理 浅井得一編 誠文堂新光社
1990.3
日本地理 浅井得一編 誠文堂新光社
1986
わたしたちの日本 浅井得一 著 小峰書店
1985.1
わたしたちの日本 浅井得一 著 小峰書店
1985.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想