近藤 宗平   (1922-2014)

近藤 宗平(こんどう そうへい、1922年5月7日 - 2014年6月10日)は日本の遺伝学者、放射線ホルミシスの研究者。 理学博士。 [来歴] 福岡県出身。 京都帝国大学理学部物理学科(実験原子核物理専攻)卒。 広島市への原子爆弾投下を受けて、学生として京大原爆物理調査班に参加、放射性物質で汚染された資料の採取、放射能の測定などを行う。 核物理学から遺伝学、基礎医学への道へ進む。 国立遺伝学研究所室長、大阪大学医学部放射線基礎医学教室教授、近畿大学原子力研究所教授などを歴任。 大阪大学名誉教授、近畿大学原子力研究所特別研究員。 放射線と健康を考える会会員。 1958年 京都大学理学博士 「...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コンドウ ソウヘイ
人物別名 近藤宗平
生年 1922年
没年 2014年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
低線量放射線の健康影響 近藤宗平 著 紀伊国屋書店
近畿大学出版局
2005.9
低線量放射線の健康影響に関する調査 近藤宗平 [ほか]編 核融合科学研究会
2003.5
低線量放射線の健康影響に関する調査 近藤宗平 [ほか]編 核融合科学研究会
2003.5
人は放射線になぜ弱いか 近藤宗平 著 講談社
1998.12
生命に魅せられた研究者たち : 対談集 永井和夫 監修 医学出版センター
1996.8
人は放射線になぜ弱いか 近藤宗平 著 講談社
1991.3
人は放射線になぜ弱いか 近藤宗平 著 講談社
1985.12
生命を考える 近藤宗平 著 岩波書店
1982.1
人体影響研究 近藤宗平編集 文部省「環境科学」特別研究人体影響研究
1978.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想