浅井 清   (1895-1979)

浅井 清(あさい きよし、1895年(明治28年)10月24日 - 1979年(昭和54年)8月14日)は、日本の公法学者。 法学博士、人事院初代総裁、貴族院勅選議員。 正三位勲一等瑞宝章、銀杯一組(菊紋)。 [生涯] 兵庫県神戸市生まれ。 1919年(大正8年)、慶應義塾大学部法律科を卒業。 1925年(大正14年)から1928年(昭和3年)までヨーロッパに留学、1929年(昭和4年)法学部教授に就任。 憲法・行政法を専攻し、ハンス・ケルゼンの影響を受け天皇機関説を主張した。 1946年(昭和21年)7月19日に貴族院議員に勅撰され交友倶楽部に所属。 1948年(昭和23年)GHQの登用方...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサイ キヨシ
人物別名 浅井清
生年 1895年
没年 1979年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スト権奪還 浅井清 著 原書房
1976
役人の生態 浅井清 著 学陽書房
1971
国家公務員法精義 浅井清 著 学陽書房
1970
役人の責任 浅井清 著 NHK放送人生読本同好会
1970
明治立憲思想史におけるイギリス国会制度の影響 浅井清 著 有信堂
1969
明治維新と郡県思想 浅井清 著 巌南堂書店
1968
各国公務員制度の問題点比較 浅井清 著 ; 民主主義研究会 編 民主主義研究会
1963.4
公務員入門 浅井清 著 ダイヤモンド社
1962
国家公務員法精義 浅井清 著 学陽書房
1960
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想