小宮 隆太郎   (1928-)

小宮 隆太郎(こみや りゅうたろう、1928年11月30日 - )は、日本の経済学者。 戦後日本における近代経済学の発展に多大な貢献をした。 国際経済学理論は国際的に高く評価されているほか、近代経済学の理論をもとに日本経済に関する幅広い分野を実証的に研究している。 また、多くの日本の経済論争に中心人物としてかかわっている。 2002年、文化勲章受賞。 [経歴] 1928年11月30日、京都市で生まれる。 父は京都大学電気工学科出身の日立製作所に勤めるエンジニアであった。 小学生のときに父親の転勤で東京の大森へ転居。 旧制東京高等学校を経て、1949年に東京大学へ入学し、木村健康ゼミへ入る。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コミヤ リュウタロウ
人物別名 小宮隆太郎
生年 1928年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経済学わが歩み : 学者として教師として 小宮隆太郎 著 ミネルヴァ書房
2013.10
回想の都留重人 : 資本主義、社会主義、そして環境 尾高煌之助, 西沢保 編 勁草書房
2010.4
歩みのあと : 回顧・追憶の文集 小宮隆太郎著 小宮隆太郎
2003.11
金融政策論議の争点 : 日銀批判とその反論 小宮隆太郎, 日本経済研究センター 編 日本経済新聞社
2002.7
金融政策の論点 : 検証・ゼロ金利政策 岩田規久男 編著 東洋経済新報社
2000.7
日本の産業・貿易の経済分析 小宮隆太郎 著 東洋経済新報社
1999.3
日本経済21世紀への課題 小宮隆太郎, 奥野正寛 編著 東洋経済新報社
1998.11
貿易障壁:六つの誤解 小宮隆太郎, 根岸広 著 通商産業調査会
1998.6
貿易障壁 : 六つの誤解 小宮隆太郎, 根岸広[著] ; 通商産業研究所[編] 通商産業調査会
1998.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想