小松崎 茂   (1915-2001)

小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家・イラストレーターである。 空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。 [略歴] 小松崎は東京の南千住で生まれ、青年期には日本画家を志望し花鳥画の堀田秀叢(ほったしゅうそう)に学ぶ。 しかし、転じて秀叢の弟弟子の画家・小林秀恒の下で挿絵画家の道を歩むことになる。 1938年に「小樽新聞」に連載の悟道軒圓玉の講談小説『白狐綺談』の挿絵でデビューし(筆名は「恒方」)、翌年には科学雑誌『機械化』の挿絵で、戦争物や空想科学を題材にした絵を描き評判になる。 本名のほか...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コマツザキ シゲル
人物別名 小松崎茂
生年 1915年
没年 2001年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
続下町の空想画家小松崎茂展 小松崎茂 [画] ; 荒川区立荒川ふるさと文化館 編 荒川区
2015.10
銀星Z団 小松崎茂 著 復刊ドットコム
2014.1
大暗黒星 小松崎茂 著 復刊ドットコム
2014.2
二十一世紀人 小松崎茂 著 復刊ドットコム
2014.3
機械化 小松崎茂 [画] ; 高橋信之 企画/監修 ほるぷ出版
アーキテクト
2014.10
宇宙少年隊 小松崎茂, 木村吉宏 著 復刊ドットコム
2013.11
海底王国 小松崎茂 著 復刊ドットコム
2013.12
ウルトラマン 小松崎茂 作画 復刊ドットコム
2013.7
ウルトラマン 小松崎茂 作画 復刊ドットコム
2013.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想