小松 勇作   (1914-2004)

小松 勇作(こまつ ゆうさく、1914年1月2日 - 2004年7月30日)は、日本の数学者。 [来歴] 石川県出身。 旧制金沢医科大学、東京帝国大学理学部数学科卒業。 東京工業大学教授、のち名誉教授。 医学博士、理学博士。 [人物] はじめ旧制金沢医大にて学び、のち東大数学科に転じる。 数学では等角写像論などの研究が名高い。 多くの優れた数学書を執筆し、百科事典の数学項目においても、小松による執筆のものが数多く見られる。 小松は数学者の矢野健太郎の義兄にあたる。 [著書] 『函数論』(朝倉書店) 『特殊函数』(朝倉書店) 『一般函数論』(角川書店) 『大学演習函数論』(共著、裳華房) ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コマツ ユウサク
人物別名 小松勇作
生年 1914年
没年 2004年
職業・経歴等 数学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
数学英和・和英辞典 小松勇作 編 共立
2016.2
微積分入門 W.W.ソーヤー 著 ; 小松勇作 訳 筑摩書房
2015.10
無理数と極限 小松勇作 著 共立
2009.5
ルベーグ積分 小松勇作 著 共立
2009.5
ポテンシャル論 岸 正倫【著】 森北出版
2007.9.30
特殊函数演習 小松勇作 著 朝倉書店
2007.12
新編数学ハンドブック 小松勇作 編 朝倉書店
2005.3
新編数学ハンドブック 小松勇作 編 朝倉書店
2005.3
朝倉数学講座 小松勇作, 能代清, 矢野健太郎編集 朝倉書店
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想