小松 茂美   (1925-2010)

小松 茂美(こまつ しげみ、男性、1925年3月30日 - 2010年5月21日)は、古筆学者、美術史学者。 [来歴] 山口県岩国市生まれ。 1938年、広島の旧制崇徳中学校(現崇徳高等学校に進学し、1942年旧制山口県立柳井中学校(現山口県立柳井高等学校を卒業。 国鉄マンであった父に従い広島鉄道局に勤務。 1945年8月6日、爆心地から1.7キロ、広島駅近くの庁舎内にて被爆。 国鉄、次いで広島陸運局で働きながら、「平家納経」の美に魅せられ、その研究に邁進、26歳にして、学術書として優れた厳島観光案内『いつくしま』を出版。 1951年上京、私淑していた源氏学者池田亀鑑のもとで、学問への姿勢と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コマツ シゲミ
人物別名 小松茂美
生年 1925年
没年 2010年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
遺稿後白河法皇史 : [未完] 小松茂美編著 小松丸
小松美彦
2015.5
国宝平家納経 : 全三十三巻の美と謎 小松茂美 著 戎光祥
2012.1
後白河法皇日録 : 別冊 小松茂美, 前田多美子 編 学芸書院
2012.5
後白河法皇日録 小松茂美 編著 ; 前田多美子 補訂 学芸書院
2012.5
天皇の書 小松茂美 著 文芸春秋
2006.4
新修佐久間象山遺墨集 小松茂美監修 柳原
2006.4
図説平家納経 小松茂美 著 戎光祥
2005.10
平家納経 : 平清盛とその成立 小松茂美 著 中央公論美術
2005.12
四季の名筆 : 日本の美 小松茂美 監修 ; 古筆学研究所 編 河出書房新社
2002.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想