和田垣 謙三   (1860-1919)

和田垣 謙三(わだがき けんぞう、1860年8月30日(万延元年7月14日) - 1919年(大正8年)7月18日)は、明治期の日本の経済学者。 [経歴] 但馬国(現兵庫県)出身。 東京大学卒。 文部省御用掛を経て、1886年帝国大学法科大学教授となり、金井延とともに学部を主導、シュタインやワグナーの社会政策学派財政学を導入、自由主義経済学からの転換を促した。 1891年法学博士。 1898年の農科大学教授に転じる。 また日本女子商業学校校長、東京商業学校校長として民間実業教育に尽力。 号は吐雲。 [著書] 『経済教科書』文学社、1901 『新英和辞典』大倉書店、1901 『英文典』文学社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワダガキ ケンゾウ
人物別名 和田垣謙三

Wadagaki, K
生年 1860年
没年 1919年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
家庭經濟 和田垣謙三 [著] クレス
2006.7
家庭經濟 和田垣謙三 [著] クレス
2006.7
英和俗語熟語故事大辞典 新渡戸稲造, 坪内雄蔵, 和田垣謙三 監輯 ゆまに書房
1998.10
餅 : 処世訓話 和田垣謙三 著 修文社
昭和4
和田垣博士傑作集 大町桂月 編 至誠堂書店
大正10
世界通 世界通編輯所編輯 世界通發行所
1921.5
圖南録 長田秋濤著 ; 和田垣謙三跋 賀集商店書籍部
1920.3
逍遙遊 和田垣謙三著 至誠堂書店
1919.12
意外録 和田垣謙三 著 南北社出版部
大正7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想