児玉 幸多   (1909-2007)

児玉 幸多(こだま こうた、1909年(明治42年)12月8日 - 2007年(平成19年)7月4日)は、「日本近世農村・交通史の泰斗」と呼ばれた文学博士。 学習院大学名誉教授、学習院大学元学長、学習院女子短期大学元学長、品川区立品川歴史館名誉館長、千曲市名誉市民。 [経歴・人物] 長野県更級郡稲荷山町(現在の千曲市稲荷山)生まれ。 旧制成蹊高等学校を経て、1932年(昭和7年)3月に東京帝国大学国史学科を卒業。 第七高等学校造士館教授を経て、1938年(昭和13年)4月学習院教授、1950年(昭和25年)3月学習院大学教授、学習院大学文学部史学科主任、学習院女子短期大学学長を経て、学習院大...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コダマ コウタ
人物別名 児玉幸多
生年 1909年
没年 2007年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
標準日本史地図 児玉幸多 編 吉川弘文館
2018.4
標準日本史年表 児玉幸多 編 吉川弘文館
2018.4
日本史年表・地図 児玉幸多 編 吉川弘文館
2018.4
日本史年表・地図 児玉幸多 編 吉川弘文館
2017.4
近世史研究遺文 児玉幸多先生論集刊行委員会 編 吉川弘文館
2017.7
新もういちど読む山川日本史 五味文彦, 鳥海靖 編 山川出版社
2017.7
近世農村社会の研究 児玉幸多 著 吉川弘文館
2017.10
標準日本史年表 児玉幸多 編 吉川弘文館
2016.4
日本史年表・地図 児玉幸多 編 吉川弘文館
2016.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想