阪井 久良伎   (1869-1945)

阪井 久良伎(さかい くらき、明治2年1月24日(1869年3月6日) - 昭和20年(1945年)4月3日)は川柳作家である。 別名:阪井 久良岐(さかい くらき)、徒然坊、坂井 弁(さかい わかち)、酒井 弁(さかい わかち)、本名:阪井 弁(さかい わかち)。 井上剣花坊とともに川柳革新運動を行った。 神奈川県久良岐郡野毛(現在の横浜市中区野毛町)に生まれる。 本名、辨(わかち)、父は税関役人であった。 共立英語学校、高等師範国文科在籍中より、石城、徒然坊の筆名で漢詩・和歌の投稿を行った。 明治29年(1896年)報知新聞に入社、翌年新聞『日本』に入社する。 『旧派歌人十余家の自賛歌十首...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカイ クラキ
人物別名 阪井久良伎

阪井, 久良岐

徒然坊
生年 1869年
没年 1945年
職業・経歴等 川柳家
をも見よ 阪井, 弁(1869-1945)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
川柳久良伎全集 阪井久良伎 著 川柳久良伎全集刊行会
昭11至12
古川柳評釈 : 情本位 中野三允 著 ; 阪井久良岐 補 山海堂出版部
大正14
川柳久良岐点 : 滑稽文学 阪井弁 著 金色社
明37.11
へなづち集 : 珍派詩文 阪井久良伎 (弁) 著 新声社
明34.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
真間名所 阪井 久良伎
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想