小堀 桂一郎   (1933-)

小堀 桂一郎(こぼり けいいちろう、1933年9月13日 - )は、日本の文学者。 東京大学・明星大学名誉教授。 専攻はドイツ文学、比較文学、比較文化、日本思想史。 [人物] 東京出身。 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテやフーゴ・フォン・ホーフマンスタールなどのドイツ文学研究から出発し、日本における独文学受容史などにも手を広げた。 ドイツ時代の森鴎外の研究をはじめとした鴎外研究を行い、フランツ・シューベルトの歌曲の歌詞対訳なども手がける。 歴史教科書問題などが顕在化した1980年代初頭より歴史認識問題などへの発言を開始し、著名な論客の一人となる。 東京裁判(極東国際軍事裁判)史観を批判...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コボリ ケイイチロウ
人物別名 小堀桂一郎
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
象徴天皇考 小堀桂一郎著 明成社
2019.4
人間の境涯について : 人文學隨想集 小堀桂一郎著 勉誠
2019.11
和辻哲郎と昭和の悲劇 小堀桂一郎 著 PHP研究所
2017.10
鈴木貫太郎 小堀桂一郎 著 ミネルヴァ書房
2016.11
昭和天皇とその時代 小堀桂一郎 著 PHP研究所
2015.6
歴史修正主義からの挑戰 小堀桂一郎 著 海竜社
2014.9
小堀鞆音 小堀桂一郎 著 ミネルヴァ書房
2014.9
時評「正眼・心眼」 小堀桂一郎著 竹駒神社
2014.1
森鷗外 : 日本はまだ普請中だ 小堀桂一郎 著 ミネルヴァ書房
2013.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想