市川 左団次   (1880-1940)

二代目 市川 左團次(にだいめ いちかわ さだんじ、1880年(明治13年)10月19日 - 1940年(昭和15年)2月23日)は、明治・大正・昭和に活躍し、歌舞伎の近代化に尽くした歌舞伎役者。 屋号は高島屋、定紋は三升に左(みますに ひだり)、替紋は松皮菱に鬼蔦(まつかわびしに おにづた)。 俳名に杏花・松莚。 本名は高橋 榮次郎(たかはし えいじろう)。 [来歴] 初代市川左團次の長男。 1884年(明治17年)4月に初代市川ぼたんを名乗って初舞台。 1895年(明治28年)7月に初代市川小米に改名、1898年(明治31年)4月に二代目市川莚升を襲名する。 父はその4年後に死去したが、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イチカワ サダンジ
人物別名 市川左団次

高橋, 栄太郎
生年 1880年
没年 1940年
職業・経歴等 歌舞伎役者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
芸術するのは、たいへんだ!? = It's Hard to Do Art,isn't It? 倉田百三, 高村光雲, 林芙美子, 与謝野晶子, 坂口安吾, 宮城道雄, 高浜虚子, 正岡容, 竹久夢二, 二代目市川左團次, 森律子, 岸田國士 作 くもん
2013.11
歌舞伎 - Columbia
[1999]
歌舞伎名舞台集(SP復刻) - Columbia
p1995
日本人の自伝 市川中車 [ほか] 著 平凡社
1981.8
父左団次を語る 市川左団次 著 三笠書房
昭11
左団次芸談 市川左団次 著 南光社
昭11
市川左団次歌舞伎紀行 大隈俊雄 編 平凡社
昭和4
伊太利紀行 市川左団次 著 ; 松竹興業株式会社 編 松竹興業
昭和4
自由劇場 小山内薫, 市川左団次 編 自由劇場事務所
大正1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想