小林 登   (1927-)

小林 登(こばやし のぼる、1927年11月23日 - )は、日本の医学者、小児科医。 東京大学医学部名誉教授、国立小児病院名誉院長、医学博士。 [来歴・人物] 東京府生まれ。 父は日本画家。 東京府立第九中学校を経て、1945年海軍兵学校(75期)卒業。 第一高等学校を経て、1954年東京大学医学部医学科卒業。 米・英留学後大学に戻り、1970年東京大学医学部小児科学教授。 1980年国際小児科学会会長。 1984年国立小児病院小児医療研究センター初代センター長。 1988年東京大学名誉教授。 1987年から1996年3月まで国立小児病院(現:国立成育医療センター)院長。 その間、臨時教育...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ ノボル
人物別名 小林登
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
20世紀後半の小児科学を考えるKoby's Note 小林登 著 東京医学社
2015.4
子ども精神衛生講座 [佐々木正美ほか著] ; [安田生命社会事業団編] ; [小林登ほか著] ; [安田生命社会事業団編] 日本図書センター
2009.1
いっしょに考える子ども虐待 川崎二三彦, 増沢高 編著 ; 小林登 監修 明石書店
2008.12
子ども学(チャイルド・サイエンス)のまなざし : 「育つ力」と「育てる力」の人間科学 小林登 著 明石書店
2008.12
風韻怎思 : 子どものいのちを見つめて 小林登 著 小学館
2005.3
最新医療秘書講座 日本医師会 編 メヂカルフレンド社
2004.3
そとみ&礼子の桶谷式母乳育児 桶谷礼子 著 ; 小林登 監修 EN21
鳳鳴堂書店
2004.7
新編百科家庭の医学 主婦と生活社 編 ; 尾形悦郎, 小林登 監修 主婦と生活社
2004.9
泣いている赤ちゃんが泣きやむ185の方法 ジュリアン・オレンスタイン 著 ; 小林登 監修 ; 和田まゆ子 訳 祥伝社
2003.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想