小西 信八   (1854-1938)

小西 信八(こにし のぶはち、1854年 (安政元年) - 1938年 (昭和13年7月5日))は、日本の盲唖学校・聾唖学校校長であり、初期聾唖教育・盲教育の充実に努めた。 [生涯] 1854年(安政元年)に、越後で生まれる。 戊辰戦争で長岡城が落ちた時、小西一家は藩主とともに会津・山形まで逃げた。 最後にかくまってくれた農家に、小西は終生恩義を感じていたという。 1875年(明治8年)、東京師範学校に入学した。 卒業後は、千葉県の中学校・女子師範学校を経て、東京女子師範学校で幼稚園教育の実践と諸外国の保育を研究した。 1886年に、文部省直轄となった築地訓盲唖院の専務となり、その後東京盲唖...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コニシ ノブハチ
人物別名 小西信八
生年 1854年
没年 1938年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
小西信八先生存稿集 小西信八 [著] ; 小西信八先生存稿集刊行会 編 大空社
1997.10
小西信八先生存稿集 小西信八先生存稿刊行会 編 小西信八先生存稿刊行会
昭10
普列伯氏略伝 小西信八 著 普及舎
明26.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想