有田 八郎   (1884-1965)

有田 八郎(ありた はちろう、明治17年(1884年)9月21日 - 昭和40年(1965年)3月4日)は、日本の外交官、政治家。 貴族院議員(勅選)、衆議院議員。 号は澤農。 旧姓山本。 新潟県平民。 [来歴] 新潟県佐渡郡真野町(現・佐渡市真野)出身。 山本家に生まれ、有田家の養子となった。 早稲田中学校第一高等学校を経て、 明治42年(1909年)東京帝国大学法科大学独法科卒業、外務省入省。 本省アジア局長、オーストリア公使、外務次官、ベルギー大使、中国大使などをつとめる。 昭和11年(1936年)広田内閣の外務大臣となる。 日独防共協定を締結したが日独伊同盟の締結には最後まで反対した...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アリタ ハチロウ
人物別名 有田八郎
生年 1884年
没年 1965年
職業・経歴等 政治家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本外交史人物叢書 吉村道男 監修 ゆまに書房
2002.12
日本の運命 吉野源三郎 編 評論社
1969
馬鹿八と人はいう : 一外交官の回想 有田八郎 著 光和堂
1959
これからの東京 : 都政改革への私見 有田八郎 著 日本社会党出版部
1958.3
終戰建白書 [有田八郎著] ; 石見栄吉編集 大学書房
1957.11
どうする?日本の再軍備 有田八郎 著 憲法擁護国民連合
1954
私の見る再軍備 有田八郎 著 朝日新聞社
1952
私の見る再軍備 有田八郎 著 朝日新聞社
1952
人の目の塵を見る : 外交問題回顧録 有田八郎 著 講談社
1948
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想