清野 謙次   (1885-1955)

清野 謙次(きよの けんじ、1885年8月14日 - 1955年12月27日)は、日本の医学者、人類学者、考古学者、考古学・民俗学資料の収集家。 [来歴・人物] 1885年、岡山県立医学校長兼病院長の清野勇の長男として生まれる。 1909年京都帝国大学医科大学を卒業後、1912年から1914年にドイツのフライブルク大学に留学し生体染色を研究し、帰国後京大講師となる。 1919年から翌1920年にかけて岡山県津雲遺跡の発掘に携わり、その時発掘された人骨の分析から後に原日本人論争での自説を形成することになる。 1921年に医学部教授となり、生体染色法の応用によって組織球性細胞系を発見して病理学の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キヨノ ケンジ
人物別名 清野謙次
生年 1885年
没年 1955年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の人類学文献選集 山口敏 編・解説 クレス
2005.10
インドネシアの民族医学 清野謙次著 ; 太平洋協会編 クレス
2001.11
単行図書資料 政治篇 : 20世紀日本のアジア関係重要研究資料 臺灣總督府官房文書課編纂 竜渓書舎
1999.9
藤浪先生追悼録 : 伝記・藤浪鑑 清野謙次 編 大空社
1998.12
日本原人の研究 清野謙次 著 第一書房
1985.4
日本人種論変遷史 清野謙次 著 第一書房
1985.4
清野謙次集 江坂輝彌編 築地書館
1982.5
備中津雲貝塚發掘報告 ; 肥後轟貝塚發掘報告 [清野謙次, 島田貞彦, 梅原末治著] ; [濱田耕作, 榊原政職, 清野謙次著] 臨川書店
1976.6
日本貝塚の研究 清野謙次 著 岩波書店
1969
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想