清宮 四郎   (1898-1989)

清宮 四郎(きよみや しろう、1898年5月23日 - 1989年10月22日)は、日本の憲法学者。 東北大学名誉教授。 従三位勲二等旭日重光章。 美濃部達吉門下。 宮沢俊義とともに戦後の憲法学界をリードした。 日本学士院会員。 [来歴] 1898年(明治31年)-埼玉県生まれ。 1917年(大正6年)-旧制豊山中学校を、14期生総代として卒業 旧制第一高等学校卒業 1923年(大正12年)-東京帝国大学を卒業する。 1925年(大正14年)-ヨーロッパに留学し、ハンス・ケルゼンの講義を聴く。 1927年(昭和2年)-京城帝国大学助教授を経て、*1941年(昭和16年)-東北帝国大学教授。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キヨミヤ シロウ
人物別名 清宮四郎
生年 1898年
没年 1989年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
統治の機構 清宮四郎著 有斐閣
2001.11
憲法の理論 清宮四郎 著 有斐閣
2001.3
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1989.9
憲政記念館開館記念講演 清宮四郎,佐藤功[講演] 東北大学
[1989]
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1987.8
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1987.9
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1980.3
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1980.8
憲法演習 清宮四郎 ほか編 有斐閣
1980.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想