和田 寧   (1787-1840)

和田 寧(わだ ねい、天明7年(1787年) - 天保11年9月18日(1840年10月13日))は、江戸時代の和算家・武士。 前名は香山政明、字は子永、通称は直五郎、豊之進。 号は算学、円象。 [生涯] 天明7年(1787年)生まれ。 播磨国三日月藩(現在の兵庫県)の藩士であったが、浪人となり江戸に住む。 和算家の日下誠より和算を学ぶ。 芝は増上寺の寺侍を経て土御門家の算学棟梁となる。 和算の円理で活躍し、後世に名を残す。 円理豁術(えんりかつじゅつ)なる分野を生み出し、それに基づいて円理表を作った。 これを一種の定積分表と見なす文章も散見し、これによって和算で放物線などの曲線の研究が始ま...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワダ ネイ
人物別名 和田寧


子永

豊之進

円象
生年 1787年
没年 1840年
職業・経歴等 数学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本科學技術古典籍資料 近世歴史資料研究会 編 科学書院
霞ケ関出版
2017.1
勾股整数 和田寧 著 古典数学書院
昭13
円弧率海 和田寧 著 古典数学書院
昭和13
推辷極数表 和田寧 著 古典数学書院
昭13
算法便覧極数之題解義 和田寧 著 古典数学書院
昭13
九成真表 和田寧 著 古典数学書院
昭13
適尽題寄消適当本術解 和田寧 著 古典数学書院
昭13
円理諸表 和田寧 著 古典数学書院
昭13
招差偏究算法 和田寧 編 古典数学書院
昭13
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想