金井 烏洲   (1796-1857)

金井 烏洲(かない うじゅう、寛政8年(1796年) - 安政4年1月14日(1857年2月8日))は江戸時代後期の画家、勤皇家である。 通称は左仲太のちに彦兵衛、字を子修また林学、諱は時敏のちに泰。 号は烏洲(烏州とも)、朽木翁、呑山人、白沙頓翁、雨笠、晩泰翁、栃木翁、白沙村翁、小禅道人、獅子孔道人など。 従五位。 金井之恭は息子。 [経歴] 上野国佐位郡島村(現在の群馬県伊勢崎市境島村)に生まれる。 金井家は岩松時兼の三男金井長義を祖とし、数世の後に新田郷から島村に移住した。 累代の豪族で萬古と号して俳諧を能くした彦兵衛の二男として生まれる。 早くから尊王の志を抱き高山彦九郎に私淑する。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カナイ ウシュウ
人物別名 金井烏洲

金井, 泰

金井, 彦兵衛

金井, 時敏

金井, 子修

金井, 粲
生年 1796年
没年 1857年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
関東の文人画展 : 特別陳列郷土の文人画家金井烏洲 - 群馬県立近代美術館
1977.9序
烏洲先生遺稿 金井烏洲 著 ; 烏洲会 編 上毛郷土史研究会
昭15
烏洲先生遺墨集 [金井烏洲画] ; 金井四郎編纂 芸術社出版部
1919.1
探芳挹翠 金井烏洲 画 ; 金井之恭 編 金井之恭
明23.12
無声詩話 金井烏洲 (粲) 著 ; 金井之恭 編 山中市兵衛
明16.1
無声詩蛆 金井烏洲 (粲) 著 ; 金井之恭 編 山中市兵衛
明16.1
無聲詩話 鳥洲金井泰林學著 ; 梧樓之恭子誠校 金井之恭
1883.1
无聲詩蛆 金泰翁著 碧梧書樓
[1880序]
無聲詩蛆 金井烏洲 著 ; 金井之恭 校 太田金右衛門
1875.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想